BLOG & INFO

ブログ

日本酒の冷やし方を学ぼう!冷酒を知れば味わいの世界が広がる!

#SAKE#坐kura#日本酒#日本酒の冷やし方

日本酒の冷やし方について一緒に学んでいきましょう。

暑い夏はおいしい日本酒が飲みたくなりますよね。しかし、日本酒の冷やし方は、わからない方がほとんどではないでしょうか?

そこで今回は日本酒の冷やし方についてご紹介します!

■日本酒を最適な温度で楽しむための冷やし方

冷やし方の基本とは?

日本酒は一般的に冷やすと飲み口が引き締まります。

冷酒は冷やした日本酒のことを指します。日本酒は冷やすと、フレッシュさや端麗な味わい、フルーティーな香りを楽しむことができます。「生酒」「生貯蔵酒」や「薫酒(吟醸酒・大吟醸酒」は冷やして飲むのがおすすめです。

吟醸酒などは10℃~15℃が飲み頃で、冷やしすぎは味わいが乏しくなることがあります。容器ごと冷蔵庫で冷やしたり、氷を入れてオンザロックでも日本酒を楽しむことができます。

冷酒は温度によって表現が変わります。

  • 雪冷え(ゆきひえ)・・・5℃
  • 花冷え(はなひえ)・・・10℃
  • 涼冷え(すずひえ)・・・15℃

■冷や(常温)

日本酒の「冷や(ひや)」は常温のことです。15℃~20℃くらいが「冷や」の飲み頃です。味のバランスがよく、その日本酒本来の味が一番分かる温度です。

秋口の「ひやおろし」や、「純米酒」「吟醸酒」は冷やで飲むのがおすすめです。

日本酒の温度によっての呼び方とは?

  • 雪冷え(ゆきひえ)・・・5℃。香りが抑えられ、シャープな味わいになります。
  • 花冷え(はなひえ)・・・10℃。香りが弱まり、きめ細やかな味わいになります。
  • 涼冷え(すずひえ)・・・15℃。華やかな香りが立ち上がりキンと冷たくない、涼やかな温度です。
  • 冷や…15~20℃。日本酒本来の味が1番よくわかります。
  • 日向燗(ひなたかん)・・・30℃。ほんのり香りや風味が引き立ちます。
  • 人肌燗(ひとはだかん)・・・35℃。味にふくらみのあるマイルドな味わいです。
  • ぬる燗(ぬるかん)・・・40℃。お米の香りや風味が引き立ちます。
  • 上燗(じょうかん)・・・45℃。ふんわりとした香りと味わいが感じられます。
  • 熱燗(あつかん)・・・50℃。やや熱いと感じる温度で、香りがシャープになります。
  • 飛びきり燗(とびきりかん)・・・55℃。シャープな香りで、より辛口になります。

冷やし方のポイントと注意点

【冷やし方のポイント】

  • 冷蔵庫で冷やす:冷蔵庫で瓶ごと冷やしておくと、安定した温度ですぐに飲むことができます。家庭用の冷蔵庫で冷やせる程度の10℃くらいが一般的です。
  • 氷水に浸す:ボウルやクーラーに氷水を作り、瓶や徳利を浸けてじっくりと冷やします。日本酒の風味や味わいを保ったまま、バランスの良いキリッとした冷酒になります。
  • オン・ザ・ロック:グラスに大きめの氷を入れ、お酒を注いでじっくり冷やします。アルコールや味わいが氷で薄まるので、度数の高い酒や濃いめの酒も飲みやすくなります。
  • 冷酒器で冷やす:冷酒器とは、日本酒を冷やすための酒器のことを指します。ガラスや陶器などの素材で作られていることが一般的で、急須のような形状をしていることが多いです。また冷酒器の形状は「日本酒を入れる部分」と「氷を入れる部分」に分かれている作りになっているため、わざわざ氷水を入れる容器を用意する必要はございません。冷蔵庫で冷やした日本酒と氷を用意すれば、冷たい温度を保ったまま冷酒を楽しむことができます。

【冷やし方の注意点】

日本酒は冷やしすぎると香りが少なく感じられることがありますが、グラスに注いだお酒はすぐに温度が上がってしまいます。 飲む温度よりも5℃くらい低めにしておくのが冷酒を楽しむコツです。

■季節や気温に応じた日本酒の冷やし方の工夫

春や夏の季節におすすめの冷やし方

春や夏には、さっぱりとした口当たりで爽やかな風味の日本酒が特におすすめです。ここでは、春や夏にぴったりな日本酒の冷やし方をいくつか紹介します。

氷水で急冷:春や夏の暑い日には、氷水で急冷する方法が効果的です。氷水に日本酒を漬けることで、短時間でしっかりと冷やすことができます。氷水で冷やした日本酒はキリッとした酸味と爽やかな香りが楽しめます。

冷蔵庫で長時間冷やすゆっくり時間をかけて冷やしたい場合は、冷蔵庫で日本酒を冷やす方法が適しています。冷蔵庫で数時間から半日程度冷やすことで、日本酒の風味が均整よく引き立ちます。特にフルーティーで華やかな香りのある日本酒がおすすめです。

冷酒器を使用冷酒器を使って日本酒を冷やすと、長時間安定した温度で保つことができます。冷酒器は、日本酒の味わいをより深く感じるために重宝される道具です。冷酒器で冷やした日本酒は、豊かな香りと滑らかな口当たりが楽しめます。

秋や冬の季節におすすめの冷やし方

秋や冬は外気温が低くなる季節ですので、日本酒を冷やすのには自然の寒さを活用する方法が効果的です。

冷蔵庫での冷やし方冬場でも日本酒を冷蔵庫で冷やすことが一般的です。冷蔵庫は温度が一定に保たれるため、日本酒の品質を安定させることができます。特に、冷蔵庫の中の一番奥や下段に置くとより効果的です。

窓辺やベランダでの冷やし方:秋や冬の寒い日には、室内の窓辺やベランダなどの風通しの良い場所に日本酒を置いておくと、自然の寒さを利用して冷やすことができます。ただし、直射日光や風雨に注意が必要です。

氷水で急冷:氷水に日本酒の瓶を漬けて急速に冷やす方法もあります。特に、氷水に浸ける時間を調整することで、好みの冷え具合を調整できます。急冷することで日本酒のキリッとした味わいが際立ちます。

雪中冷やし冬の寒い地域では、雪を活用して日本酒を冷やすことができます。雪の中に日本酒を埋めておくことで、自然な冷却が可能ですが、直接の雪に触れさせるのではなく、雪の中に容器を埋める方法が一般的です。

温度差が生み出す日本酒の味わいの違い

日本酒は温度によって感じ取る味わいが変わってきます。 大まかに言うと、温度が高くなると甘味や旨味を感じやすくなり、温度が低くなると甘味が抑えられてすっきりとします。

温度によって呼び方が変わるように、日本酒は温度によって味わいが異なるのです。

■冷やし方による日本酒の風味や味わいへの影響

冷やし方がもたらす日本酒の香りや口当たりの変化

先ほど温度によって呼び方が変わるという欄でもご紹介しました通り、日本酒は冷やし方により味わいが変化します。

  • 雪冷え(ゆきひえ)・・・5℃。香りが抑えられ、シャープな味わいになります。
  • 花冷え(はなひえ)・・・10℃。香りが弱まり、きめ細やかな味わいになります。
  • 涼冷え(すずひえ)・・・15℃。華やかな香りが立ち上がりキンと冷たくない、涼やかな温度です。

このように冷やし方により日本酒の香りや口当たりが変化するのですね。

冷やし方による味わいの違いと楽しみ方

冷蔵庫で冷やす方法: 日本酒を冷蔵庫で冷やすと、比較的均一な温度で冷えます。この方法で冷やした日本酒は、さっぱりとした口当たりで飲みやすくなります。特に、軽快な香りやフルーティーな味わいが楽しめます。

氷水で冷やす方法: 氷水に漬けて冷やすと、急激に冷やすことができます。この方法で冷やした日本酒は、よりキリッとした酸味や甘味が際立ち、爽やかな飲み心地になります。特に、辛口の日本酒や熟成感のある酒に適しています。

冷酒器で冷やす方法: 冷酒器を使って冷やすと、より長時間安定して冷やすことができます。これにより、日本酒の風味がゆっくりと開花し、繊細な香りや奥深い味わいを楽しむことができます

また、日本酒の冷やし方だけでなく、選んだ日本酒の種類や料理との相性も考慮するとさらに楽しみ深まります。例えば、軽快な冷やし方で冷やした日本酒は刺身や軽い前菜とよく合い、キリッと冷やした日本酒は焼き鳥や唐揚げなどの揚げ物にも良く合います。

■冷やした日本酒との相性が良い料理やおつまみの提案

冷やした日本酒と相性の良い料理の例

刺身・お造り: 日本酒の爽やかな酸味とさっぱりとした口当たりが、新鮮な刺身やお造りと非常に良く合います。特に白身の魚や赤身の魚に合うことが多いですが、適度な旨味のある魚介類全般とも相性が良いです。

揚げ物: 油で揚げた料理に対して、冷やした日本酒のキレと酸味が良いアクセントになります。例えば、唐揚げや天ぷら、照り焼きなどが挙げられます。特に辛口やキリッとしたタイプの日本酒が合います。

焼き鳥: 焼き鳥のような串焼きや、焼き魚などの焼き料理も、冷やした日本酒との相性が良いです。焼きたての香ばしさと日本酒のキリッとした味わいが相まって楽しめます。

和食のおつまみ: 和食の小皿料理やおつまみ全般とも相性が良いです。例えば、枝豆、焼きおにぎり、煮物、おひたし、冷奴などが挙げられます。日本酒と和食の豊かなバランスを楽しむことができます。

おでん: 温かいおでんも、冷やした日本酒が意外と合うことがあります。おでんの具材の旨味と日本酒のさっぱりとした味わいが良く合います。

冷酒に合うおつまみのレシピ

枝豆の塩茹で

材料:

  • 枝豆(生のもの) 300g
  • 塩 適量
  • 作り方:
    1. 枝豆を水洗いし、水気をきる。
    2. 鍋にたっぷりの水を沸騰させ、塩を適量入れる。
    3. 枝豆を入れ、約3分間茹でる(豆の大きさによって調整)。
    4. 水気をきって、お皿に盛り付ける。
    5. 冷やした日本酒と一緒にお楽しみください。

簡単なお刺身盛り合わせ

  • 材料:
    • 刺身用の魚(好きな種類) 150gずつ
    • レモン 1/2個
    • しょうゆ 少々
    • わさび 適量
  • 作り方:
    1. 刺身用の魚を食べやすい大きさに切る。
    2. お皿に盛り付け、レモンを薄切りにして添える。
    3. しょうゆとわさびをつけて、日本酒と一緒にお召し上がりください。

焼きおにぎり

  • 材料:
    • ご飯 2杯分
    • 海苔(焼き海苔) 2枚
    • 醤油 少々
    • 塩 少々
    • ごま油 小さじ1
    • お好みで具材(例えば、梅干し、明太子、鮭など)
  • 作り方:
    1. ご飯に塩とごま油を加え、混ぜる。
    2. 手で握り、おにぎりの形にする。
    3. 両面を焼き海苔で巻く。
    4. グリルやフライパンで両面を焼く。
    5. お皿に盛り付け、日本酒と一緒にお召し上がりください。

■まとめ:最適な冷やし方で日本酒の魅力を引きだそう

今回は日本酒の冷やし方についてご紹介しましたが、いかがだったでしょうか?

これから暑くなる季節に向けて、日本酒の冷やし方を学んでおけば、よりおいしく日本酒を楽しむことができるかもしれませんね!それでは、また!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

〒389-0406

長野県 東御市八重原1588
電話番号 / 0268-71-0072

 

営業時間 / 木・金・土・日・祝 13:00~17:00
定休日 / 月~水

 

プライバシーポリシー / 特定商取引法に基づく表記

Copyright © 2023 株式会社太陽と大地 All rights Reserved.
ショップリンク